顎関節症について

痛くない入れ歯 ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、従来の入れ歯とは全く違う、金属のバネのない新しい入れ歯です。

新素材の義歯用樹脂を使うことで、超弾性が得られ、薄く軽く作成することができ、今までのような装着時の違和感も少なくなりました。

また、義歯に弾性があるので、固い義歯で粘膜が耐えられない患者さんにも使うことができます。


入れ歯 入れ歯

ノンクラスプデンチャーのメリット

♪金属の見えない自然なカタチ

→見た目に美しく、自然に笑っていただけます。

♪軽くて装着感が良い

→金具を使用していないので、締め付けられる感じがありません。

♪優れたフィット感

→初めて入れ歯をいれられる方でも、従来のものより慣れやすくなっています。

♪残っている歯に負担をかけない

→金属のバネをかけないので、残っている歯に余計な力がかからず、負担をかけません。

♪金属アレルギーの方に最適

→化学的に安定した素材なので、変形・アレルギーの心配がありません。

♪弾力が強く破折しにくい

♪従来の材料の3倍以上の対衝撃性を持つ

入れ歯 入れ歯

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • *総義歯などの多数歯の欠損には使えません。
  • *保険適応でありません。

こんな方におすすめです

  • 初めて入れ歯を作られる方
  • (フィット感がよいので、従来のものより慣れやすくなっています。)
  • ・奥歯など、2~3本の少数歯が欠損されている方
  • ・笑うと金属のバネが見えて気になる方
  • ・金属のバネの締め付け感や、違和感がある方

通常の入れ歯よりもフィットがよく、違和感がないと好評で、ノンクラスプデンチャーを選択される方が多いです。

興味がおありの方は、一度歯科医師にご相談ください。(欠損の度合い、かみあわせなどにより適応できない場合もございます。)

Copyright(c) 2005 大阪淀屋橋の河野歯科医院. All Rights Reserved.