河野歯科空白

アクセス

河野歯科空白

ホワイトニング

河野歯科空白

予歯のクリーニング

河野歯科空白

保険の金属 危険

河野歯科空白

顎関節症 キネシオロジー

河野歯科空白

顎関節症 キネシオロジー

河野歯科空白

アンフィニ鍼灸院

河野歯科空白

診療内容

ホーム>診療内容>審美歯科>インプラント

大阪市中央区淀屋橋の歯医者

インプラント〜当院の方針について〜

大阪 審美歯科

 現在、当院ではインプラントを行っておりません。


その理由は、インプラントが人工物であり、それを歯ならまだしも骨の中に埋め込むという手術であることから、多くのリスクが伴うからです。

 

当院の方針

 インプラントは、あくまで人工物であり、手術をして骨に植えますので、当然骨がしっかりと残っていないと、良い結果は得られません。もし骨が残っていない場合に無理して植えたり、かみあわせの力が強かったりすると、しばらくしてインプラント体がぐらぐら揺れて脱落してしまいます。

当院の方針

 また、インプラントになってしまうということは外傷などの突発的な事故でない限り、もともと虫歯や歯周病で失われた歯があるということです。失う歯があるということは、その部分の歯垢をとりきれず、メンテナンスが完全ではなかったということを意味します。

 インプラントを行ったあとは、天然の歯よりももっと気をつけて、専用の清掃器具を用いて掃除をし、定期的に歯科医院でメンテナンスをしなければなりません。ですから、天然の歯を失った方が「インプラントで快適に食事をしたい」というお気持ちはとてもわかるのですが、その快適さを手に入れようとするならば、徹底して、しっかりと掃除をする覚悟がいるのです。

 また、付け加えますと、近年インプラント業界は混沌としており、「数日で習得できる」という歯科医師向けのコースが乱立しています。インプラントの簡便さのみを強調して、植えさえすればよいという簡単な風潮が一部であるのも事実です。他の選択肢を提示せず、「インプラントが簡単なのでやりましょう」とすぐに勧める所も存在します。

 さらに、インプラント術後が成功したとしても、20年、30年後に高齢になられた方が、歯周病が悪化しインプラントを除去しようとしても、全身状態が悪くて手術すら受けられない、という状況も現在多発してきており、問題が指摘されています。

 

 このように、インプラントはその時だけの成功率をみるのではなく、将来にわたってのメンテナンスを行っていく必要があるのです。

 

 「インプラント手術件数が年間○○件!」「最新インプラントが1本○万円〜!!」という謳い文句に誘われて、最も大事なメンテナンスをおろそかにしている医院だけは絶対に選ばないことをお勧め致します。

 

 

 

 

DNAバンキング

歯のクリーニング