矯正治療について

STEP1 初診の矯正相談

矯正相談

まず、患者さんの歯並びのお悩みや疑問などをお聞きします。

実際のお口の中を診査し、歯並びの状態や噛み合わせなどをチェックし、治療の内容・期間など現時点でわかる範囲のご説明をいたします。

相談の内容をふまえ、つづけて精密検査をうけるかどうかご検討ください。(強制はしておりませんのでご安心下さい。)

STEP2 精密検査

レントゲン撮影

お口の写真撮影・レントゲン検査(矯正用のセファロ撮影を含む)・歯型の採取をします。

セファロ写真をトレースし、骨格の基準点を測定します。実測値から計算して角度を割り出し、個々の骨格と歯の状態を診査します。

これらをもとに、精密に診断し、治療計画をたてていきます。

STEP3 治療計画の説明

レントゲン撮影

検査結果をもとに総合的に診断し、詳しい治療計画や治療期間・費用などのご説明を行い、納得していただいてから治療を開始致します。

この時点で通常の矯正治療では非常に困難な骨格性の歯列不正があれば、大学病院等の専門機関にご紹介いたします。

STEP4 虫歯などの治療

矯正治療開始前に虫歯や歯周病などがあれば、先に治療を行います。

当院では一般歯科も行っていますので、すぐに対応しております。

STEP5 矯正治療開始(装置装着)

レントゲン撮影

ブラケット等、矯正治療の装置を装着します。

患者さんの歯並びに合わせて、装置を調整していきます。

STEP6 矯正治療中(装置の調整)

個々の歯の移動に合わせ、ワイヤーの調整を精密に行っていきます。

およそ月に1回の来院ペースで、個人差はありますが1年半から2年程度が目安です。

STEP7 リテーナーの装着

理想的な歯並びになった時点で、矯正装置をすべて取り外します。

矯正された歯並びが後戻りしないように、保定装置(リテーナー)を装着します。

保定装置には固定式と、取り外しの出来るタイプがあります。

歯が安定するまで、約1年半〜2年程度装着して、定期的に歯並びや虫歯ができていないかなどチェックします。

STEP8 治療終了

完全に歯並びが安定したら、保定装置を取り外して治療が終了です。

個々の歯並びによっては、就寝中のみ、取り外しのできるリテーナーを装着しておくこともあります。

Copyright(c) 2005 大阪淀屋橋の河野歯科医院. All Rights Reserved.