【歯医者の裏話】歯磨き粉の成分の秘密

みなさんはどんな歯磨き粉を使っておられますか?
一度、いま使っている歯磨き粉の裏にある表示をみてみてください。

そこには、ラウリル硫酸ナトリウムetcと
なにやら難しいカタカナの成分が表示されているはずです。

虫歯予防で歯磨き粉の成分として有効とされているのは

フッ素(正しくは化合物)です。

その他に、多少有効なものとしてキシリトールもあります。

歯磨き粉に添加されている成分

そのほかの成分は、歯磨き粉を口の中にいれたときに

・湿潤しやすくする
・泡をでやすくする
・さっぱりとした感触にする
・歯磨き粉として出しやすい形にしておく
・保存しやすくする

などの目的で添加されています。

歯磨きは歯垢を効率的に除去すればよいのですから、
このような成分は必要最低限でいいのです。
しかし、メディアの影響もあり、「さっぱり 歯磨きした実感を得る」ために
ほとんどの製品には必要以上に添加物が加えられています。

特に気になるのが 発泡剤です。

スーパーや薬局などで売られている市場に出ている歯磨き粉には、
たくさんの発泡剤が添加されています。

発泡剤は、泡をでやすくするために添加されています。
さっぱり磨いた感触を得るためにはいいのですが、必要以上にあると、
口のなかが泡あわになるのですぐ吐き出したくなってしまいます。
すると、歯磨きの時間も減ってしまいます。

よく、歯ブラシ全体にべっとりと歯磨き粉を出しているコマーシャルをみかけませんか?

あれは、歯磨き粉をよく使って売れて欲しいからです。

歯医者側からすれば、歯磨き粉の量が多いからといって
歯垢がよくとれるわけではありませんので、少量で十分です。

ですから、市販のものを使われている方は、少量で使って下さいね。

もしくは、歯科用の低発泡性の歯磨き粉を使われると、
長時間の歯磨きや電動歯ブラシでの使用もOKです。

低発泡性の歯磨き粉には、Checkupスタンダードなどがあります。

これはフッ素が高い水準で含まれており、歯科業界で知らないものはいないほど有名です。
長時間の歯磨きができ、後味がサッパリとしており、歯磨きした後によくある「いやな苦い感じ」がありません。とても使いやすいので、私たちも毎日使用しています。

歯磨き粉について気になる方は、お気軽に歯科衛生士にご相談下さいね。