あなたの歯(アマルガム)は大丈夫?重金属の蓄積度を調べる毛髪ミネラル検査

みなさんは、体に重金属が蓄積されていることをご存知ですか?
日本人で、有金属が検出されない人はまずいません。

マグロ、カツオなどの大型魚を食べる、古い水道管からの鉛、喫煙、アルミ鍋やアルミホイルを使う、ベーキングパウダーなどの食品添加物に含まれる重金属など、日常生活で知らないうちに重金属が体に入り、内臓に蓄積されているのです。

特に、歯科の保険治療の銀歯やアマルガムには、パラジウム、水銀、銅などたくさんの重金属が使われています。

重金属の害とは

重金属が体に蓄積されていくとどうなるのか・・、
水銀中毒の水俣病や、カドミウムのイタイイタイ病などが有名です。

ここまで重度ではなくても、知らないうちに蓄積された重金属が原因で、慢性疲労、肌荒れ、シミ・シワ、便秘、冷え性、頭痛、イライラ、不眠症、 高血圧、動脈硬化、アトピー性皮膚炎、自閉症など様々な影響があるといわれています。

特に、出産で母親から子供へ重金属が移動しますので、女性は特に注意が必要です。

今回は、体内にどれくらい重金属が蓄積されているのか簡単に調べる方法をご紹介します。

重金属の蓄積度を調べる毛髪ミネラル検査

重金属の蓄積度を調べるには、毛髪ミネラル検査を利用します。

頭の裏側の見えない部分から毛髪を数センチ程度切って送るだけで、身体にどれくらいミネラルがあるのか、各成分を調べてくれます。

らべるびぃ予防医学研究所「毛髪ミネラル検査」10,000円(送料無料)

以下の表は、私が検査したときの結果です。

あってもよい必須ミネラルと、よくない有害ミネラルに分けて基準値からどれくらいの幅で存在しているかが示されています。
例えば、水銀や鉛は少しでもないほうがよいのですが、私の場合かなり蓄積していました。

水銀は、大型魚に多く含まれています。
鉛は古い水道管からはがれおちて、水道水に含まれるようです。
だから、妊婦さんはマグロを控えるようにとよくいわれるんですね。
良い浄水器は必須ですね。

口の中のアマルガムも!

あと気をつけたほうがよいのが、口の中にあるアマルガムです。
アマルガムは50%が水銀、銀35%、スズ9%、銅6%、少量の亜鉛でできています。

20年以上前の歯科治療では、コンポジットレジンというプラスチックがなかったので、虫歯治療ではアマルガムがよく使われていました。

いまでも大抵の患者さんのお口をみると、アマルガムが入っています。

みなさんも一度、自分の口の中の金属を見直してみませんか?