歯医者に行こう!歯のクリーニングのススメ

「歳をとると、入れ歯になるのは仕方がない」そう考えていませんか?

日本人の80歳での残存歯数は、平均8.9本という調査があります。
ほとんどの方が、何らかの入れ歯をしている状況ですね。
「ポリデント」など入れ歯洗浄剤のCMが多いわけです。

ですから、歯科界では「8020運動」といって、
80歳で20本の歯を残そうという運動をしています。

しかし、実は80歳で平均25本も残っている国があるんです。

それはスウェーデンです。

スウェーデンでは80歳で平均25本歯があるのに対し、日本では平均8.9本以下しかありません。また、スウェーデンでは寝たきりの人もほとんどいません。

歯科先進国スウェーデンは約8割の来院理由が「定期検診やクリーニング」で、予防歯科の重要性を国民が知っています。90%以上の人が定期的に検診や歯のクリーニングを受けています。

逆に日本では、「歯が痛くなったから」など症状がでてから来院する人がほとんどです。
定期検診やクリーニングに通う人は2%以下しかいません。

この違いはどこにあるのでしょう?

もちろん、保険制度の違いもあるでしょうが、根底にあるのは歯科に対する国民の意識の差ではないかと思います。

そう、日本人は「歯医者は痛くなってからいくもの」という概念があるのです。

予防歯科で歯を守ろう

虫歯や歯周病は、初期の頃は痛みがありません。
特に歯周病は最も気づきにくく、かなり重度になるまで症状がありません。

ですから、痛みがでてから歯科医院にいくと、かなり進行していることが多いのです。
その状態で治療となると、削る量も増えますし、抜歯する可能性も高くなります。

定期的に検診に通っていれば、虫歯や歯周病が進行しそうな所があればすぐにチェックし、
進行を止めるような処置をすることができますし、仮に治療が必要になったとしても最小限の治療ですみます。

予防のために歯科医院へ行こう

現在は、昔と違って歯医者の治療は痛くなくなっています。
昔からの歯医者に対するイメージ(痛そう、怖い)を捨てて、
「歯医者は痛くなるまえに、予防のために定期検診に行くところ」という認識に是非変えていただきたいと思います。

また、「歯を治す(差し歯や詰め物をいれる)」=「治った」ということではないのです。
あくまで、虫歯や歯周病で悪くなった歯のかわりにいれた人工物。
天然の歯に勝るものはありません。人工歯には必ずメンテナンスが必要になります。

毎日使っている大事な口です。
唾液による湿った口のなかで、熱いもの、冷たいもの、固い食べ物、
くいしばりなどすごい壮絶な環境の中、歯は黙々と自分の役目を勤めています。

他の臓器が病気になったら、みな心配して病院に行くのに、
歯だけはなんとなく適当に考えてしまうのはなぜでしょうか?

歯だけ胃や腸、腕、脚から別に離れているわけではないんです。
あなたの身体はすべて密接に関連しながら、影響しあって生きているんです。

どうか、食べ物=いのち をいただく口を、愛しんで大切にしてあげてください。

→当院では開業当初から、予防専用チェアーをご用意し、日頃のブラッシングのご質問にお答えしたり、歯のクリーニングをしたりゆったりと時間をとってメンテナンスをさせて頂いております。ご遠慮なく、担当歯科衛生士や歯科医師にご質問ください。