歯周病が夫婦間で感染する!?

 

歯周病がキスで感染することをご存知でしょうか?

歯周病(歯槽膿漏)はご存知のように歯周病の原因菌が感染しておこる生活習慣病です。

大人では約8割の人がすでに歯周病に罹患しているといわれています。

歯垢(プラーク)のなかに潜む歯周病菌が歯茎のポケットの中で繁殖し、慢性的な炎症を起こして持続的に歯周病を進行させていきます。

歯周病の症状

歯周病の主な症状は、
・口の中がねばねばする
・口臭がする
・歯茎が腫れる
・歯磨きをすると歯茎から出血する
・歯がぐらぐらする(重度)

などがあります。

しかし、虫歯と違って進行していても自覚症状はほとんどありません。

よって、気付いたときにはかなり進行していることも多いのです。

歯周病が夫婦で感染する!?

そして、この歯周病は、最近になって夫婦間で感染することがわかってきました。

同じDNAをもつ歯周病菌が夫婦の口腔内から検出されたのです。

「虫歯や歯周病菌がうつるから、赤ちゃんに同じスプーンで食べ物をあげてはいけない。」という話はよくきかれるかと思います。

歯周病も感染症ですから、同じ生活をしている夫婦間でうつるのはもっともともいえます。

しかし、あまり「感染」自体を気にして心配するよりも、正しいブラッシングと定期的なケアによるプラークコントロールをきちんとすることで、歯周病を予防・進行抑制することができます。

やはり歯磨きは、大切な歯と歯茎を守る基本です。
フロスや歯間ブラシなどを併用しながら、清潔な口を保ちましょう。

歯周病予防には自宅でのブラッシングの他、定期的な歯のクリーニングが必要です。