虫歯・歯周病予防に必須!デンタルフロス

 

みなさんは一日何回歯みがきをされるでしょうか?

・一日1回
・朝と晩の2回
・朝昼晩の3回

虫歯や歯周病の原因となる菌は、唾液分泌が少なくなる就寝時に増殖します。

よって、最低でも1日2回、朝起きた時と夜寝る前の歯みがきはしっかり行うことが必要です。

また、デンタルフロスの使用もおすすめしています。

 

歯ブラシでは磨けない場所「歯と歯の間」

もともと、歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢を除去することができません。
そのまま歯垢を放置しておくと、「歯と歯の間の虫歯(歯間部)」になってしまいます。

これは、ただ見るだけではわからず、レントゲン撮影などで発見されることも多いのです。
大人の虫歯のほとんどが、この「歯間部」から発生しています。

痛みがあって受診するころには、すでに神経を取らなくてはならない程大きくなっていることも多いのです。神経をとってしまうと歯の寿命が大幅に縮むため、虫歯が進行しないよう定期的にチェックが必要です。

しっかり磨いているつもりだし、痛くもないのに歯医者にいくと虫歯といわれたけどなぜ?という方は「歯間部の虫歯」だった場合があります。

歯間部の虫歯は「自覚症状もまだない+目に見えない」ところが怖いのです。

デンタルフロスで歯間部の歯垢を除去

デンタルフロスや糸ようじは、歯間部にある歯垢を除去するのに使います。

デンタルフロスは10数センチの糸を本体から切り、指に巻き付けて使います。
糸ようじは、フロスの部分が持ちやすいように柄にとりつけてあります。

どちらを使っても大丈夫ですが、デンタルフロスが初めてという方は
糸ようじから始められるとよいかもしれません。

是非、歯みがき+フロスの使用を習慣づけてみてください。

さらにフッ素入り歯磨きの使用やフッ素塗布、
定期検診と歯のクリーニングを加えれば虫歯予防対策ばっちりです。

どのようなフロスを使えばわからない、
使い方がわからない方は歯科医師や歯科衛生士にお気軽にご質問くださいね。