院長コラム「音楽療法について」


音楽療法について

最近「治療の一環で音楽を利用している」という話題を耳にするようになりました。

音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを応用し、心身の障害の軽減回復、機能の維持改善、生活の質の向上、問題となる行動の変容などの目的をもとに、意図的、計画的に行われるプロセスです。

ヒーリングミュージックの宮下冨美夫氏

小川のせせらぎや小鳥の声を聴き心をなごませた古代の人々が、その自然の音を再現するところから生まれたのが「音薬」です。

古来、音楽は様々な儀式や病気の治療のために使われていました。ギリシャ時代の哲学者たちも「音楽によって魂が宇宙や自然と調和する」と考えていたようです。

当院では、ヒーリングバイブレーション(体感音響機器)用のオリジナル音楽「音薬」を使い、身体の中心に位置する7つのチャクラを活性化することを目的に、心と身体の両方に音楽のバイブレーションを伝えています。

音楽とヒーリングバイブレーション(体感音響機器)の響きが身体の内側から緊張をゆるめ、心の深い部分が活性化されます。身体の細胞一つひとつに音の響きが伝わり、深いリラクセーションが得られます。

ヒーリングバイブレーション

人の脳波は、緊張している時とリラックスしているときでは異なっています。脳波を調べることで、その方の状態をみることができます。

脳波がβ波優位の場合は、交感神経緊張型(手に汗にぎる状態、瞳孔が開く、筋肉がこわばる状態)といえます。

ヒーリングバイブレーション(体感音響機器)は、交感神経緊張型の人をα波優位する効果がみられ、いわゆるリラックスした状態に導きます。

河野歯科医院では、歯科治療の独特の音が嫌な方や、緊張が強い方などにこのヒーリングバイブレーションを用いながら診療を行っております。

興味がおありの方は、どうぞ遠慮なくお声がけください。