院長コラム「唾液の働きとは」


唾液の働きとは?

唾液は当たり前のように出ていると思いがちですが、実は口の中でとても大切な働きをしています。

 唾液は、昔は王水(おうのみず)と言われてぐらい珍重されていました。

 唾液の生理学的な機能としては、以下のようなものがあります。

・口の中を清掃する。
・口の中を殺菌消毒する。
・口の中を湿潤させて、話しやすくする。
・食べ物を咀嚼する時に、食べやすくする。
・味覚を誘発する。
・食物を飲み込む時の補助になる。
・食べ物を分解する酵素が含まれている。
・身体を守る免疫機能がある。
・口の中が傷つかないように守っている。
・総義歯(総入歯)と粘膜の間に介在して、義歯を安定させている。

唾液のおかげで元気を保てる

あまり、歯を磨かない人でも、虫歯がそんなに無い人がいます。こういう人は、唾液が凄く多い人に見かけられます。

唾液のお陰で、歯や歯肉が洗浄されているんです。でも、歯はちゃんと磨いて下さいね。

唾液が少なくなると、虫歯になりやすくなったり、舌痛症になったりといろいろ不具合がでてきます。

唾液を増やすあいうべ体操

年齢を重ねると分泌量が減少しますが、周辺の筋肉を鍛えると唾液の分泌量を増やす事ができます。

具体的には、舌をべーっとだして動かすあいうべ体操などがあります。

肌がひきしまってリフトアップにもなるし、一石二鳥ですよ。

実際に詳しくお聞きになりたい方は、来院された際に遠慮無くご質問くださいね。