オールセラミック

オールセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)でできており、とても美しく自然な歯の色を表現できます。

今までは、耐久性の問題でメタルを使用した「メタルボンドクラウン」が多く使われてきました。

しかし、金属を使っているので金属が溶け出して歯茎に入れ墨のようなタトゥーができたり、金属アレルギーや健康の問題がありました。

オールセラミッククラウンの特徴

キャスタブル方式のオールセラミック素材

健康な天然の歯と同じくらいの硬さと性質のオールセラミックス素材を使用しています。

セラミックスを、キャスタブル方式で作製するので昔のオールセラミックより耐久性が強くなっています。

十分な強度と柔軟性

セラミックス自体の透明感が高いため、装着する歯(支台歯)の色が反映でき、より自然な色を再現できます。

美しい、自然な仕上がり

キャスタブル方式で一人ひとりに最適な歯を削りだした後は、まわりの自分の歯に合わせて色や形を微調整。

天然の白い歯と遜色ない、美しく自然な仕上がりになります。

オールセラミッククラウンの流れ

1)支台歯形成・印象採得(来院1回目)

→歯科医師が歯の形成を行い、その後、歯の型をとります。

2)模型作成

→とった歯型に超硬石膏を流し込み、石膏模型を作成します。

3)ワックスアップ

→専属の技工士が1本1本精密にワックスパターンを作製します。

4)セラミック加工

→キャスタブル方式によりセラミックが強度を保ったまま鋳型に鋳造されます。

5)歯科技工士による微調整

→あなたにあった形や色を1本ずつ手作業で微調整します。

6)装着(来院2回目)

→歯科医師による最後の微調整を行い、特別な接着セメントにて装着します。

*型をとってから完成まで、約1週間~10日ほどでできあがります。

通常の治療日数と変わらないサイクルでの通院が可能です。

Q.オールセラミックはどの歯に適応できますか?

A. 基本的にすべての歯に適応できますが、歯ぎしりや、かみ合わせが強い方には大臼歯ではできない場合があります。

機能的にみると、ジルコニアセラミッククラウンのほうが強度が高いので、奥歯に使用することが多いです。

Q.オールセラミッククラウンでブリッジにも適応できますか?

A. 残念ながら、まだブリッジには対応しておりません。

ブリッジの場合、欠損歯の分の強度を補強する必要があるため、非常に強い強度の素材が必要とされます。

そのため、白いセラミックのブリッジをご希望の方には、金属を使わないジルコニアクラウンブリッジが適用されます。

いずれの場合も、個人のお口の状態により適応が変わってまいりますので、直接歯科医師にご相談ください。

オールセラミックの料金

オールセラミッククラウン 1本80,000円

(税抜 自費診療)