レーザー治療

河野歯科医院では用途に合わせて2種類のレーザーを完備し、レーザー治療を行っております。

軟組織や根管内の殺菌等、万能に使える「炭酸ガス(CO2)レーザー」と、

ペインコントロールや人間の本来持つ自然治癒力を高める、最新のコールドレーザーです。


炭酸ガス(CO2)レーザー

歯周病

炭酸ガス(CO2)レーザーは、歯肉などの軟組織や、根管内の殺菌など、幅広く使用できるレーザーです。

日本の歯科分野では、すでに10年以上臨床に使われ、優れた効果をあげています。

高価な機械ではありますが、当院では、通常の治療でも積極的に使用しております。

コールドレーザー

歯科でレーザーが導入され約25年過ぎましたが、多くの外科用・軟組織用のレーザーが開発されてきました。

コールドレーザーは熱を出さずに深部まで到達し、細胞の自然治癒力を促進させ患部を治す優れたレーザーです。

アメリカのマルキーナ博士が開発して以降、世界37カ国、81大学で使用され、歯科・医科・カイロなど様々な分野で優れた効果が実証されています。

マルキーナ博士が来日講演された際、河野歯科医院にも寄られ、直接講習を受けました。

当院ではこの優れた効果を全員が実感し、全国でもいち早く導入しております。(日本ではまだ数台しかありません。)

歯科衛生士 歯科衛生士

コールドレーザーの仕組み

コールドレーザーは熱を出さないため、口腔内外に痛みなく安全に照射することができます。

痛みを全く感じないので、麻酔の必要ありません。

また、他のレーザーに比べて熱を出さずに深部までレーザーが進んでいき、深い組織内の細胞にまで到達します。

歯科衛生士 歯科衛生士

コールドレーザーの仕組み2

 

数分間照射すると、バイオスティミレーション(生体刺激)が起こります。

タンパク質を生産するように働きかけ、また、細胞のエネルギー源であるATPを産生するように指示します。

歯科衛生士 歯科衛生士

コールドレーザーの仕組み3

これらがコールドレーザーによるフォトメカニカル効果とも呼ばれるものです。

細胞・血管・神経への組織の活性化に伴い、人間が本来持つ自然治癒力を向上させます。

コールドレーザーによるフォトメカニカル効果により、損傷を受けた組織が自然治癒では時間がかかるところを、細胞を活性化することで早く治癒させてくれるのです。

歯科衛生士 歯科衛生士

コールドレーザーの効果

コールドレーザーには以下のような優れた効果があります。

  •  ・疼痛緩和(ペインクリニック)
  •  ・組織の治癒促進
  •  ・知覚過敏
  •  ・顎関節症
  •  ・抜歯後の治癒促進
  •  ・インプラント埋入後の治癒促進
  •  ・歯髄炎、歯肉炎
  •  ・手術傷、傷跡の治癒促進
  •  ・骨の再生
  •  ・アフタ性潰瘍
  •  ・矯正時の疼痛
  •  ・顔面神経麻痺など多数

Copyright(c) 2005 大阪淀屋橋の河野歯科医院. All Rights Reserved.